誰が資金サポートを申し込めるのか

ほとんどの人が受け取れる

条件が決められていると聞くと、自分がその条件に一致するのか不安を抱く人が見られます。
しかし事業を行っている人なら申し込める資金サポートもあり、それならほとんどの人が該当するはずです。
事業者であれば利用できる資金サポートが必ず見つかるので安心してください。
さらに新しい事業を始める人、または始めてから7年が経過していない人が資金を受け取れる制度があります。
こちらは最大で7200万円を受け取れますが、うち運転資金に使えるのは4800万円までです。
このように資金の使い道がある程度限られるので、何に使うのか決めておきましょう。
ちなみに会社の経営以外に資金サポートで受け取ったお金を使うと、トラブルになるので気を付けてください。

条件に合っていると伝える

きちんと自分が資金サポートの条件を満たしていることを、書類で証明できるように準備しておきましょう。
丁寧にわかりやすい書類を書くことが審査を通過しやすくするポイント。
書類の内容に不備があったり、字が汚かったりすると受理されないことがあるので気を付けましょう。
さらに説明したいことが多くても、長文にならないよう文章を考えてください。
無駄な説明が長いと、相手に読んでもらえなくなります。
短い文章でこちらの意図が伝わるように、うまく文章を組み立てましょう。
このような書類はほとんどの資金サポートで必要ですが、他の細かい書類については資金サポートごとに変わります。
利用したい資金サポートでは何の書類が必要なのか、チェックすることも忘れないように注意してください。


▲先頭へ戻る